態度や表情で、話の印象が変わる!(第5回)

 初対面の相手に与える印象において、実に約55%が人の態度、表情に左右されるという調査結果があります。つまり、魅力的な笑顔や、精力的に見える振る舞いをする人は相手の印象に残りやすいというわけです。
 そこで今回は人前に立つ時は、天に向かって背筋を真っ直ぐ伸ばして立つことの提案します。どんな会議や会合をみても分かるように、その場を牛耳る人は姿勢がいいものです。背筋が真っ直ぐ伸びて、目もキラキラ輝き、歩き方も少し大股で床をしっかりと踏みしめて歩く、そんな大人は魅力的で信頼できそうに見えますね。
 まずは態度や表情を見直すこと。それが話し方を上達させる第一歩なのです。

=>次号へ

My First Seat 〜私の特等席〜 2004.1掲載