話し方教室からの便り(第10回)

人の前で話す人に気をつけて欲しいのが次の「話し方」のポイントです。
1、声は明るく大きいこと
 特に大きいことはいいことだ(! 因みに5メーター先の壁に向かって声を投げかけるという気持ちで話すこと)暗い声は葬式の時だけにしよう。
2、鏡を見て自分の「いい笑顔」即ち、ベストスマイルを練習する。
 正に人前での話は役者になるようなものだ。口の端を少し上げよう。何も失うものはない。
3、まっすぐに立つこと、座っている時は背筋を伸ばすこと。
 話の中身以前の問題です。猫背の社長の話しに、あなたは敬意を払うだろうか?
4、視線は柔らかく、聴き手を見つめること。
 相手に敬意を払うつもりで、目を伏せず、聞き手を見て話すのです。
5、少し、ゆっくり話すこと。
 早口は日本人に対しては説得力がありません。欧米人は、よくこの反対だと言われます。でも、ここ日本では、一言一言を丁寧に話すくらいが効果的です。例えば宮沢賢治の「雨にも負けず、風にも負けず」を、1日1回、音読しませんか?声に重みが出て、話し振りがグッと、よくなります。

My First Seat 〜私の特等席〜 2006.4掲載