嫉妬妄想について
第2回

 認知症の妄想は、男性には嫉妬妄想、女性には物盗られ妄想が多く、理由として男性は奥さんがいないと生きていけないと考えて、女性は物やお金があれば生きていけると考えているからだと前回お話しました。
 この男性に多いとお話した嫉妬妄想ですが、女性の認知症の方にもしばしば出現することがあります。よく見ていますと、嫉妬妄想の対象となる夫(浮気をしていると疑われている夫)には、どうも2つのタイプがあるようです。
 1番目は、若い頃から、奥さんの世話が届いて、家事や育児などを積極的にこなしてきた奥さんにとっては大変に頼りがいのある夫のタイプです。当然、奥さんも夫がいなくなると生きていくことが大変になるために盗られたら困るとの心配が嫉妬妄想に発展していると考えられます。
 2番目は、実際に若い頃、浮気で奥さんともめた経験がある夫です。奥さんも一旦は忘れてしまったように生活していても呆けてきたときにその記憶がよみがえって怒りがマグマのように噴き出してくるようです。私も将来、妻の嫉妬妄想に悩まされないか心配です。もちろん1番目の理由で…。

=>次号へ

My First Seat 〜私の特等席〜 2006.8掲載